• 〒170-0002
    東京都豊島区巣鴨3-20-14 山下ビル2F
  • TEL:03-5980-7522
  • お問い合わせ
最新情報

News最新情報

ゴム手袋が苦手な方に!【用途に合った選び方】

2021-02-20

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

巣鴨ネイルサロン えがお爪工房の竹森えつこです。

 

 

 

 

 

 

 

『手荒れやささくれ防止のためにはゴム手袋を使いましょう!』

 

 

 

 

 

 

 

と言われることも少なくないと思います。

 

 

 

もちろん、私たちネイリストもそうお伝えしています。

 

 

 

 

手肌を乾燥から守っている皮脂は

水を触っただけで流されてしまいます。

 

その後、また皮脂が手肌を覆うのには数分かかります。

 

加齢や肌の状態により皮脂が戻るのに

より時間がかかります。

 

 

 

 

その間、手肌の水分はどんどん蒸発してしまうので乾燥が進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで

 

 

皮脂が流されてしまうのを防ぐために

 

 

 

ゴム手袋を使用することが

手荒れやささくれ防止に繋がります。

 

 

 

 

ひとことでゴム手袋と言っても

様々な素材や厚さ、形が売られていますので

その用途によって使い分けるのがおススメです。

 

 

 

 

 

「食器がつかみにくい」

 

「汚れ落ちがわかりにくい」

 

となってしまうのは

厚みやサイズが用途にあっていない場合が多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

市販されているゴム手袋で

最も多く使用されている素材は「ビニール」です。

 

 

 

 

 

 

 

その次に、「天然ゴム」、「ポリエチレン」と続き、他にも「ニトリルゴム(合成ゴム)」や「綿」などがあります。

 

 

 

 

 

 

 

アレルギーのある方は素材選びに注意してください。

 

 

 

 

また、〈厚手〉、〈中厚手〉、〈うす手〉、〈極うす手〉、〈ロング〉など、厚さや形のタイプによってさらに細かく分かれます。

 

 

 

例えば

 

食器洗いには細かなモノを持ったり

汚れ落ちを確かめたり出来るよう

 

ビニール素材の〈中厚手〉もしくは〈うす手〉で

ロングの手袋がおススメです。

 

 

 

 

 

サイズも手の大きさに合ったものを選ぶことが重要ですね。

 

調理の時に使用するなら

使い捨てのポリエチレンやニトリルゴムの〈極うす〉がおススメですね。

 

 

 

 

 

 

私がおススメしている食器洗い用の

ゴム手袋はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材は天然ゴム(裏:綿)です。

 

 

ビタミンカラーなのも好きな理由ですね(^^)

 

 

 

 

手が小さい私はSサイズを使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用後はキッチンの壁のフックに

 

 

左右分けて吊るしておきます。

 

 

 

こうしておくと乾きも早く

 

使う時に左右がすぐにわかるので

 

サッと手に装着出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも是非、お気に入りのゴム手袋を探してみてください(^^)

えがお爪工房
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-20-14 山下ビル2F
TEL:03-5980-7522  TEL:03-5980-7522
Open hour
10:00~19:00
Contact[お問い合わせ]
TEL:03-5980-7522
PAGE TOP