• 〒170-0002
    東京都豊島区巣鴨3-20-14 山下ビル2F
  • TEL:03-5980-7522
  • お問い合わせ
最新情報

News最新情報

【手の日焼けにも大敵なのが ”肌の乾燥” 】

2021-06-02
竹森
竹森

こんにちは。

 

巣鴨ネイルサロン えがお爪工房の竹森えつこです。

 

 

 

初夏のような日も多くなり

 

 

本格的な日焼け(紫外線)対策が必要になってきます。

 

 

 

 

肌老化の一番の原因は

 

紫外線によるダメージ(炎症)だとも

 

言われています。

 

 

 

 

化粧品などのお手入れよりも必要ですが

 

まずは紫外線対策をしていきましょう!

 

 

 

爪も肌の付属器官で

 

やはり紫外線の影響を受けていますので

 

綺麗なネイルにも必須ですね。

 

 

 

そして40代以降のお客様からは

 

手の日焼けや手のシミの

 

お悩みも多く耳にします。

 

 

 

そこで今回は

 

手の日焼け対策についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

日焼け(UV)対策というと

 

 

日焼け止めクリームやスプレーを塗布することと

 

 

イメージしている方も多いと思います。

 

それも方法の一つではあります。

 

 

 

ですが、もっと根本的な対策があります!

 

 

 

それは、元々持っている皮膚のバリア機能を改善することです。

 

 

この皮膚のバリア機能が衰えていると

 

 

 

日焼けのダメージも大きくなってしまいます。

 

 

 

皮膚のバリア機能が衰える大きな原因が

 

 

”乾燥”です。

 

 

前の記事で更年期と血流について書きましたが

 

 

これとも関連することですね。

 

 

まずは水分補給をして肌の潤いを回復させましょう♪

 

 

 

すると適度な汗と皮脂によって天然のバリアができ

 

 

 

ダメージは軽減されます。

 

 

 

 

 

 

 

そうは言っても

 

 

皮膚バリアの機能を改善させるにも時間はかかりますし

 

 

水分補給だけの問題ではないこともありますので

 

 

 

 

 

外側からの日焼け対策も必須です。

 

 

 

 

 

近年、日焼け対策として取られているのが

 

 

『紫外線カットのサングラス』です。

 

 

目から入る紫外線で脳が防御反応として

 

 

体にメラニン(日焼け・シミ)を作ってしまうそうですよ。

 

 

 

これは全身に有効な対策ですね。

 

 

 

 

 

そして部分的な対策としては

 

やはり日焼け止めクリームやスプレーを塗布することです。

 

 

 

感染症対策で手洗いの回数が増えている今は

 

 

手の甲などは日焼け止めクリームがすぐに落ちてしまいますので

 

 

何度も塗り直す必要がありますね。

 

 

 

 

 

そして

 

日焼け止めクリームやスプレーを塗布した後に注意したいのが

 

しっかり落とすということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日焼け止めクリームやスプレーも

 

皮脂と混ざって酸化します。

 

するとこれが日焼けの原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、私は長めのアームカバーをお勧めしています。

 

もちろん、私もアームカバーを愛用しています♪

 

 

 

 

 

 

 

外では日焼け止めにもなりますし

 

室内では冷房の冷えを感じた時にも使えて

 

とても便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にうっかりやってしまいそうな

 

 

手の日焼けについて。

 

 

 

 

 

 

 

 

油分の入ったハンドクリームは

 

日焼けの原因になりますので

 

 

 

 

ハンドクリームの後には日焼け対策をしてくださいね。

 

 

えがお爪工房
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-20-14 山下ビル2F
TEL:03-5980-7522  TEL:03-5980-7522
Open hour
10:00~19:00
Contact[お問い合わせ]
TEL:03-5980-7522
PAGE TOP